ガッシュ絵の具のように重ねて色々に煌めく喜びや感激…楽しんでこそ人生……
日々の出来事を歌います〜
3年経っても、、、、
火曜日の雨で金曜日に行ったメモリアルグリーン
ちょうど、曇り時々晴れ〜爽やかな5月のバラ咲き誇る日でした。

     DSC_0970.JPG

先輩が眠るヒメシャラの樹木葬に、カサブランカの甘い匂いと八重のトルコキキョウが
とても美しかった。会社時代のお二人の先輩からの連絡で3人でお参り。
先輩が好きだったお花を持ってきてくださって、お供え。。
もう、ここに眠ってから3年の月日が流れました。末期の乳がんは全身をむしばんだけれど
幸いホスピスでの手厚い看護で、とても穏やかな苦痛のない時を過ごせた先輩。
一番心配していたのが、自分のお墓に誰か来てくれるのかなあ〜でした。

先輩、心配は入りませんでしたよ!
こうして、こんなきれいなお花や気持ちを届けてくれる
人がいる、、、

我が家のお墓までお花をお供えして下さる優しい気持ちに、感謝。
5月のバラは美しい〜

 
| kiyora | ああ、人生は | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2時間の子猫
朝、夫が庭に子猫が2匹いるよ!って。
そのまま、仕事にいってしまった夫。
恐る恐る、庭に行ってみると

      DSC_0962.JPG

こんな、可愛い猫ちゃんが。逃げることもなくじっとしているのは少し弱っているのかな?
どうしよう?前の家の方に相談すると捕獲したら区役所の方が取りに来るとか。。
いやぁ〜それじゃあ殺処分???
忍びない、、、、
おっ、もう一匹黒がいました。その子はすばしっこく動きが全く違う!
たぶん強い子が親のお乳を独占したのかな。
猫が大好きなお友達にラインを送ったらすぐ取りに来てくれるって!!!
なんという優しいお友達!!!!

           1463735944942.jpg   
 とりあえずおとなしくじっとしているこの子をお隣の奥さんと捕獲。
 彼女が来るまでの一時間、ドキドキで待っていました。牛乳は、なぜか飲まない。
 彼女の指導で「おかかをあげて」
 おかかにむしゃぶりつく子猫。私は犬派、、、猫が苦手なんです。
 おまけにアレルギーがあって、、、本当は動物はだめ。。

 メイクして彼女が車飛ばしてきてくれました。
 竹の、にゃんこキャリーを持って。ありがたくてうるうる〜でした。
 「家に帰ったら体もきれいにしてあげるからね」そんな彼女が神々しくみえました。

    1463782544228.jpg

 子猫は彼女の家で里親さんを探すまで、飼ってくれるそうです。
 彼女がいなかったら助からない命でした。黒の強い子猫にお乳を奪われたこの子は
 弱いがゆえに、助かったのかもしれません。

 小さな命、キラリ。人の人情もキラリ。
 ああ〜良かった。彼女に感謝です。
 滞在時間、2時間ドキドキ、おろおろ〜あたふたの長い長い時間でした。
| kiyora | 感動・思うこと | 09:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
端午の節句・水彩画で描く兜・上杉謙信
sketch-1461920722701.jpg             DSC_0763.JPG
お友達から兜の絵の依頼がありました。ハガキサイズの注文でしたが、なかなか難しく少し大きな絵になりました。
上杉謙信の兜です。

兜も人気とか、やはり最後の様子で義経とか信長はえらばれにくいそう。今時は、伊達政宗と上杉謙信が人気だそうです。

久々のアップ、茂の絵になりました。
人々が都会から移動して空気も綺麗です。丹沢連峰が七重に八重にみえます。
| kiyora | 盒兇靴欧訖綺眠茲寮こΑ | 18:13 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
雛の祭り

    今日はひな祭り。

                     PhotoGrid_1456975144562.jpg

 15年ぶりに妹の家から里帰りしたお雛様です。
 お顔が好きで、購入先に聞いて探していたらそこは店じまいしたそうで
 人形師さんのお名前から「木村一秀」さんという方の作品だと分かりました。

 もう30年位前の作品でしょうか?デパートの宝市という催事で売られてました。
 衣装は地味でしたが何とも品のいいその姿に惹かれて、母にプレゼントしたものです。
 丁度店じまいした時に出たものなんでしょうが、今でも本当に美しくこのお顔と
 雰囲気でないとと、、、、探していたら木村一秀さん有名な方になっておられた。
 
 母の形見にと妹の家で飾られていました。
 これを贈った時の嬉しそうな顔が目に浮かびます。
 今日はお仏壇の前で美しく微笑んでいますよ。

 購入しようとしていたら、妹がもっていっていいよって言ってくれて。。
 あとで桃のお花と菜の花買いに行こう。
 機会が合ったら、一秀さんの作品欲しいと思っています。
 
 
| kiyora | - | 12:25 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
セリーヌ・ディオンを聞きながら
DSC_0314.JPG

     三寒四温の季を過ごしながら
     今日は、穏やかな雛の祭り。
     少し前に五目ちらしを作って食べました。この日は、必ず蛤のお吸い物だったなぁと、思い出し
     ながら書類整理してます。

  今日は、セリーヌ・ディオンさんの歌を聞いています。
  先月でしたか、彼女ご主人を亡くしたそうです。少女だった彼女をここまでにする為に、
  自宅を抵当にいれたり、
  公私にわたってパートナーでした年の離れたご夫妻。尊敬していたんでしょう、、、悲しみは、、
  
  歌の言葉は、あまり分からないけど
  彼女の歌から伝わるものは、大きい。このCDを聞きながら夫がよく絵を描いていたなぁ〜

  私の大事なこのスピーカーで聞くと、細かい音までとらえて絶妙なのです。
  このもうひとつ上のスピーカーにしょうか?迷いに迷って少し安くしてしまったけれど。
  そのスピーカーは、耳の越えたヨーロッパでも賞を取ったとか、、
  これでも十分な音が出るんですが。
  ご近所、大きな音でも文句の一つも来ない、、、感謝、、感謝

  と、ここまで書いたら音が片方突然聞こえなくなってしまって、、、中断
  埃だらけの裏を掃除しながら接続し直し、、、、聞こえました!!!!!!
  他のスピカ―にという声が聞こえたのかなあ?????

  おまけにこの大事な機械には、一つ困ったことが
  音量をいじると雑音がするところがありました。
  お友達に相談すると即教えてくれて、、、、直った!!!!
  どうしてなんや????
  有難う!!!!お友達
  
  本当に不思議。。機械って生きているみたいです。
 
  セリーヌもサラもよくこれを聞きながら夫が絵を描いていました。
  私の方が大ファンになってしまったけれど。セリーヌさんが来日したら聞きに行こう〜
  悲しみを経験した彼女の歌は、もっと切なく透明に深くなっているような気がします。
  セリーヌさんのご主人さまのご冥福を祈りまして。。
 
| kiyora | - | 10:48 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
海外へ旅立った孫
      1455624021536.jpg

1月の終わり、息子の赴任先に旅立ったお嫁さんと孫。まだ、2週間と少しなのにはるか前のように
感じるこの頃です。
昨日、お嫁さんからこんな写真が送られてきました。
車と動物が大好きな2歳と5か月のかわいい盛りです。
大好きな車を見ながら何をおもっているのや、、、

こちらでは、お嫁さんのお姉さん方や従兄弟、そしてよく我が家に来てくれていました。
ちょうど、どんどん物を覚えていく頃でしたので、かわいい声で「じいたん」「ばあたん」
耳に残ります。母が目の中に入れても痛くないと可愛がっていた息子の小さいころの事。
そんな気持ちが本当に良く分かります。

会いたいなあ〜  抱きしめたいなあ〜   いっぱい遊んであげたいなあ〜

急な環境の変化で一番戸惑っているお嫁さんや孫の小さな肩にちょっとうるうる〜

夫がこの子と一緒の写真は「自分でも嫌になるほどの笑顔」
口には出さないけれど、あの人も孫に会いたいんでしょう。。。

孫よ、息子よ、娘よ、アジアの大地を踏みしめ
がんばれ!!



 
| kiyora | 私の大切な、、、 | 14:50 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
春一番の梅の花・三渓園
          
                   DSC_0223.JPG

      秋田からいらしたお友達と早春の三渓園で梅を見てきました。
  浅い春は、少しグリーンの梅青い空に映えて美しかった。
  今回初めて我が家に二泊。一緒にいてこんなに癒されるお友達も中々いない。

     DSC_0216.JPG

  秋田の鴨は茶色だそうで、この頭が黒く光る鳥にビックリしていました。
     
  お友達は私より一回り上の同じ馬年。
  戦争でお父さんを亡くされている。
  50万人の日本人とフィリッピン100万人が亡くなったその地で、亡くなれたと今回お伺いした。
  フィリッピンには2回行ったそうで、その海とうっそうとしたジャングルを見てこれでは
  戦争が終わったことが分からなくて出てこれなかった兵隊さんも多かっただろうとしみじみ
  言っておられた。慰霊の旅でようやく自分の心も少しは落ち着いたとも。

  政府からは、はじめは何の手当ても出なかったから、お友達は中学を卒業してすぐに結婚しなくては
  ならなかったそうです。子供の面倒を見ている時に、楽しそうに高校へ行く同級生を見て、本当に切なかった
  と、、、、。自分も父がいたなら、、、、あの時の悔しさはまだ心に残っていると伺いました。
  一番切なかったのは、子どもの学校やらの書類で親の最終学歴を書かなくてはならなかった時ですと。

  先日、天皇皇后両陛下が深々と頭を下げられたその光景が胸によぎりました。
  失礼ながらあのお年で、戦争体験をされているお二人だから50万人100万人の思いを心に寄せられていると
  思いました。今の天皇皇后陛下はご立派です。

  それでも、お友達の長い苦労を思うと心にぐっとくるものがありました。
  ご主人を50代で亡くされた彼女は鳥海山が美しく見える秋田の町から時々こちらに来ては
  歌を聞いたり、演劇、歌舞伎、ランのお花やら東京をあちらこちら見ています。
  私よりずっと詳しい〜
  彼女は、学校こそ出ていないけれど、そんなことはどうでもいい。。
  その配慮、気持ちの良さ、私は何とも言えない心地よい気持ちに
  なれるんです。素晴らしきかな、お友達!です。


      DSC_0218.JPG

  今、メールが届きました。夜行バスで無事着きましたと。
  梅の花はこの寒さでちょっと早かったけれど、こちらにいる間は晴天でした!
  今日はあいにくの曇り空。日本海側とこちらの天気は反対です。
  あちらはどうかなあ〜

 
  
| kiyora | ああ、人生は | 10:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
横須賀でめっちゃ美味しいイチゴに出会った!
                       _20160205_091838.JPG

  急に妹が横須賀へ行きたいと、お目当ては一度も行ってなかったマーロウでした。
  帰りにはお約束の道の駅「すかなごっそ」へ
  ところが、、、水曜日お休みでした〜これが幸運の女神でした!

  ユータン先を見つけていたら、イチゴと野菜の直販の看板みっけ。。

       DSC_0184.JPG

   時間が遅かったからお野菜はもうなくて、、、三浦大根だけ3本。
   三浦大根はもうすぐ終わってしまう旬の美味しい大根です。
   母がこの時期必ず煮てくれたから私も妹も即買いでした!
   妹は二本です。
  
   イチゴもうなかったのに、ご親切に取って下さった。
   室内はイチゴの甘い匂いでぷんぷん。ジャムもあるらしいがこの日は売り切れ、残念!
   
   イチゴは根元が白いのにここは、完熟。これが本当に別物のように美味しい〜
   すかなごっそがやっていたらここには来なかった。でも、次回からはここです!
   6月まで採れるらしい〜

   イチゴ大好きな孫に食べさせてあげたい〜
   孫は、1月末息子の待つタイへお嫁さんと経っていきました。
   孫とお嫁さんロスが抜けきっておりません。
| kiyora | 美味しい〜 | 09:38 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
思い出になった電子辞書
DSC_0146.JPG        
   
今年一番の寒波の中、訃報が相次いで三件。
最初は社宅時代、階段を挟んでお隣のお家だった方の奥さん。夫同士は、同郷で仲良しの新潟同期生。
奥さんは、私と同じ年だから亡くなるにはまだまだ早すぎる。
穏やかな人で、嫌なことは一度もなかった。去年の10月頃、近所のスーパーで出会って、
長く立ち話したのがお目にかかった最後でした。
お互いの子供の結婚の話をしたり、ため息ついたり、何処もいっしょね!
と、話したのでしたが。
大腸がんで亡くなられたとか。検診してなかったらしい、、
月曜日は、お別れに行く。

次の訃報は、母の兄のお嫁さんが亡くなったと言う。もう、83才。
しっかりものの叔母さんでした。
義叔母は、母より年下でしたが、頭はよかったけれど頑固な叔父の面倒をよくみていました。
私は、ちょっぴり苦手なところもありましたが歳を重ねてもお家はいつもきちんとピカピカ。

叔父が亡くなって何年もしないうちに、一人娘がすい臓ガンであっという間に逝ってしまった。
同じ年の従姉妹は、おかあさんを置いてどんなにか心配だったろうと、しみじみ思ったものでした。
従妹の急逝から3年、叔母も家族がいる天上の人に、、、

ひとつ、幸いなのは叔母が認知を患って、娘のことを忘れていたこと。

忘れるということは、時には幸せなことかもしれないなぁ。。

今日は、家の斜め前の娘さんがいらした。金曜日にお母さんがなくなられての、ご報告。

その母さんとは、英語を一緒に習ったこともある。はっきりした、情の厚い人でもありました。
おうちが、ご商売さている性もあって、肝っ玉母さんと言う言葉がびったりでした。

ゴミ出しに行って、少し凍った道路で転んで骨折してから、歩くのが駄目になって、
闘病が始まったような気がします。
歩くことは大事です。
時々、煮物を持っていったり、ジャガイモの皮をむいてあげたり、そんな仲でした。
ところが、私が手伝うと娘への愚痴がでる。。
これは、いかんと少し距離をおいた。
でも、その方はディケアに行く車の中から、笑顔で「お世話になります」と、
いつもニコニコ笑顔を送ってくださっていました。
水曜日も朝、そんな感じて笑顔の交換。そのあと、発熱してあっという間に逝ってしまった。
闘病はご家族とって大変でしたでしょう。

今日は、娘さんにお母さんとの色々なお話して「自慢の母でした」良かったね。
最後まで家で過ごせてその方は幸せでした。
私が行かなくなったことを、少し心配されていた娘さんが、多分
「それが高橋さんの優しさなんじゃないかな」と、思われていたと聞き、本当に有り難くおもいました。

朝、夫を送り前のお宅に合唱。ここにいらっしゃるね、お心は。
娘さんから、ずっと仲良くしてくださいって。これも、またありがたい。

何気に亡くなる数日前からさわっていた電子辞書。次男のお嫁さんがタイにもうすぐ経つので
英語やタイ語が入っているこれをずっと検索していました。
電子辞書は凄いもので、これ一つで何十種類もの辞書が入っている。買おうと思っていた俳句の
季語辞典も入っていました。

これを持って、英会話教室に前の奥さんと通っていました。これがないと、教室でついていけなかった〜
触りながら、
世界中を旅行していた前のご夫妻を思い、この辞書も大切な思い出になりました。
ご主人は、これから一人旅。奥さんの分まで飛んで行かれることでしょう。





 
| kiyora | 感動・思うこと | 02:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この季節の旬の贈り物・三浦大根
DSC_0142.JPG<

なんとまぁ、こんな形の三浦大根は初めて。

JAにありました。
どうしてこんな形になってしまったんでしょう?
あんまり可愛いので、家にまだ残っていたと思ったけれど、買ってきてしまった!
大根だっていろんな形があっていい。人間だって色々だから面白いのかなあ〜
自分の枠を外さなくちゃ💦

葉っぱは、じゃこと煮てみよう。
三浦大根は柔らかくて美味しい。直ぐ煮えるし、お正月を挟んでほんの一月しか市場に出ない。

母が大好きでしたから、娘の私も当然引き継いで見つけると買いたくなります。
この日は、豚肉少なめの豚汁、    けんちん汁にしようかなと思ったが味噌味が食べたかったので
変更。もう一品は、少し甘く煮て頂きました。本当はベーコンが美味しいけれどなかったのでこれも
豚肉と少しと。大根はそれ自体は味がないのでちょっと、お魚やらお肉とか厚揚げを足したりすると
美味しくなります。

新年は、ブログにバンバン投稿しようと思っていましたが、もうすぐタイに行く孫と過ごしたり
新しく変えたスマホの使い方がわからず苦戦、同じ機種の後継なのに乗り換えたらシステムも
変わる。あー、キャリアに引きずり回されるのはもう嫌だ〜

と、こんな感じでもう一月が終わりそうです。
今年一番の寒波、みなさん寒さに気を付けて下さい。
| kiyora | 美味しい〜 | 07:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
PR
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • 黄金に染まった横浜から
    kiyora (12/11)
  • 黄金に染まった横浜から
    can (12/09)
  • 山椒は小粒でぴりっと辛い〜洋一さんを偲んで
    kiyora (10/06)
  • 山椒は小粒でぴりっと辛い〜洋一さんを偲んで
    can (10/06)
  • 2016  高橋茂   水彩画展  「22年の時を重ねて」
    kiyora (09/24)
  • 2016  高橋茂   水彩画展  「22年の時を重ねて」
    kiyora (09/24)
  • 2016  高橋茂   水彩画展  「22年の時を重ねて」
    kiyora (09/24)
  • 2016  高橋茂   水彩画展  「22年の時を重ねて」
    kei (09/23)
  • 2016  高橋茂   水彩画展  「22年の時を重ねて」
    fujii (09/22)
  • 2016  高橋茂   水彩画展  「22年の時を重ねて」
    can (09/22)
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ